Rss

VAPEはアメリカで禁煙道具として使われています

健康に良くないと知っていても、止めることが出来ないものにタバコが上げられます。禁煙に成功したと言いながら、隠れて吸う人も多く、完全に止めることは難しのかも知れません。無理に止めることで、逆にストレスが溜ってしまうことも考えられ、難しい判断を迫られている人もいるのではないでしょうか。そんな禁煙の出来ない人が、タバコの代わりに愛用するのがVAPEと言われます。このVAPEは、電子タバコの通称になります。少量のリキッドを発熱させ、煙を作りだします。この方法で、タバコを吸った気持ちさせ、だんだんとタバコを止めて行くように、仕向けている人が多くなって来ています。VAPEの良い所は、身体に害を与えないと言うことで、副流煙の被害に遭うといったような心配も要りません。アメリカでは、禁煙する道具として使われていて、お洒落感覚で吸う人まで出て来ていると言われます。

VAPEでタバコを吸ってみた時の周囲の反応は

日本でも本体及びリキッドカートリッジが買えるようになったのが、海外では趣味としても愛用されることが多い電子タバコのVAPEです。かつて電子タバコと言えば、タバコを吸っている気分をより強く出すため、タバコに似た形に作られていましたが、VAPEはどちらかというと昔のキセルを現代風にお洒落にしたような雰囲気です。さまざまなフレーバーのリキッドを使って水蒸気の煙を出すため、全く無害の煙となり、公共の場でも吸えるところが海外でもっとも支持されている理由です。日本でも分煙化が進み、タバコを吸うところが特定されるようになりましたので、どこででも気が向いたときに吸いたいとなれば、VAPEを持つ人が増えてくるかもしれません。実際、とてもタバコを吸っているようには見えないので、むしろ好奇の目で見られることが多くなるかもしれません。

日本国内で販売されるVAPEでは

海外では趣味やオシャレアイテムとして人気の電子タバコ・VAPEですが、日本では薬事法によってニコチンを含まないように指示され、販売されています。海外のVAPEのリキッドにはニコチンが含まれているものがあり、実際にはタバコを吸っているのと同じことになりますが、日本国内で購入する分にはその心配はないと言えます。そもそもタバコがやめられない理由はこのニコチンにあり、切れてくると吸いたいという気持ちになってきます。それを解消するにはニコチンを摂取するしかないのですが、そこをVAPEに置き換えることでタバコを吸ったような気分になり、脳に錯覚を与えることができるかもしれません。実際にニコチンを摂取するわけではないので中毒性を即座になくすことはできませんが、少なくとも気分的にホッとすることはできるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*