VAPEならお財布にもやさしい

何とかして禁煙したいと考えている人の中には、経済的に苦しいという事情を抱えている人もいるでしょう。タバコは増税の対象にしやすい商品なので、どんどん課税されてほとんど税金の塊のような物です。今や、ひと箱20本入りが400円を超える価格は当たり前ですが、海外に比べるとまだまだ安いらしく、さらなる増税もありそうです。そうなると一日ひと箱でも、累計すればかなりの金額になるのは間違いないことから、金銭的理由で禁煙を志す人も増えてくるでしょう。そんな人たちにうってつけなのが、電子タバコのVAPEです。リキッドを使って煙を出すため、たばこを一日ひと箱吸っているのと比較すると、リキッド1本あたりの値段は1000円ほどなので、かなり節約できます。完全にタバコを断ち切ってイライラに悩まされるより、せめてVAPEで吸っている気分だけでも味わえば、本当の禁煙に近づけるのではないでしょうか。

VAPEの人気が高いのは?

禁煙ブームが広がる中、にわかに人気が高くなっているのが、電子タバコのVAPEです。これまでの電子タバコと違って、VAPEはタバコの形をしておらず、カラフルでスタイリッシュです。大きさ普通のタバコと変わりませんが、色は赤やブルー、ピンクなど好みに合わせて選ぶことができ、木目調や迷彩柄などもあります。なによりもVAPEが親しまれる理由は、煙の調節ができるので喫煙場所を選ばないことです。また、本体は1本4、000円前後で、リキッドと呼ばれる香り付きの液体は、1本1、000円ほどから購入できます。リキッドにはニコチンが含まれておらず、さまざまな香りの中から好みに合わせて選ぶことが可能です。1ヶ月のランニングコストは、個人差はありますが、多くとも2、000円くらいまででしょう。普通のタバコが1ヶ月安くても5、000円くらいはかかりますから、やはりかなり経済的といえます。禁煙ブームとタバコの値上がりに加え、景気という背景もあり、人気はどんどん高まっているようです。

VAPEとはなんでしょうか

VAPEとはなんでしょうか。これは、リキッドという香りつきの液体を熱することで、その液体を気体化して煙を生成します。そしてその煙を口から吸い込むことを楽しむ器具です。なにかに似ていますね。そうです、タバコに似ています。本物のタバコのかわりに、それに似たものを楽しめます。電子タバコというとわかりやすいかもしれません。VAPEの特徴は色々ありますが、一つは色々な味のフレーバーがあって、本物のタバコに似た味のものや、よくタバコに使われているメンソール風味のもの、オレンジやマスカットなどのフルーツ味を楽しんだりすることもできます。そして、VAPEは色々な形のものがあります。いわゆる普通のタバコ(紙タバコ)に似た形のもの、パイプの形のもの、変わったところでは、ギターやライターの形を模したものもあります。