電子タバコ、VAPEで禁煙

ヘビースモーカーの方は、タバコをやめようと思っても、なかなかやめることができないでいるでしょう。禁煙するためには、禁煙ガムを使うとか運動して気を紛らわすとか、いろいろが方法がありますが、VAPEを使うのも有効な手段です。VAPE(ベイプ)とは、電子タバコ(ElectroCigarette)のことで、火を使ったタバコとは違います。VAPEは短いキセルのような形で、普通のタバコよりも大きくデザインを強調しています。リキッドという香り付きの液体を内蔵の電池で加熱し、蒸発させた気体を吸うことにより、疑似的に喫煙の感覚を得ることができます。VAPEが普通の煙草と違うのは、ニコチンを含んでいないということです。ニコチンの害がないので喫煙の習慣をやめたい人間に重宝します。外国ではニコチン入りのVAPEが発売されているそうですが、日本では法律的に禁止されているようです。

VAPEを利用するメリット

健康志向が強くなっているので、禁煙を考える人も増加をしています。しかし禁煙というのはかなり大変ですし、挫折をしてしまうこともあります。そこで利用をするとよいのが、電子タバコです。電子タバコであれば、ニコチンが含まれていないので、健康を害することもありません。受動喫煙で周りにも迷惑をかけることがないので、安心をして利用をすることができます。口にくわえているだけでも喫煙をしている気分になるので、ストレスもあまり感じることがなくなります。最近では様々な電子タバコがあり、中でもVAPEは人気があります。様々なフレバーがあるので、その日の気分に応じてフレバーを変えることができるので、飽きないで禁煙をすることができます。禁煙外来などを利用して禁煙をする方法もありますが、急激な禁煙は出来ないと思うのであれば、VAPEを使うとよいようです。

ニコチンを含まない電子タバコVAPE

現在、世の中は禁煙社会となりつつあります。どこに行っても禁煙のマークがあり、ビル内はすべて禁煙という会社も少なくありません。タバコは吸っている本人だけでなく、周りの人間にも迷惑になります。副流煙により、喫煙者よりも周りの人間の方が害をこうむっているということもあります。また、歩きタバコは他の人に火傷を負わせる危険もあり火災の恐れもあります。それに、ニコチンを含んだタバコは狭心症を起こしやすくなるなど健康面でも心配です。火を使わない電子タバコのVAPEはバッテリーにより香料を含んだリキッドを蒸発させる機構なので安心です。日本ではニコチン入りの電子タバコは発売されていないので、ニコチン依存症になる心配もありません。電子タバコといってもタバコを葉を一切使用しておらず、グリセリンなどの植物添加物と香料を混ぜたリキッドという物をバッテリーによって蒸発させた水蒸気を吸引するという方式です。さまざまなデザインの電子タバコが発売されており、タバコの代用品というよりもファッションとして使用することが多くなっているようです。